ボーナス200万円だと手取りや税金はいくら?もらえる企業や年収情報も! (2022)

みのりたです。
年末に向けて、冬のボーナス(賞与)金額がチラホラ気になり始める季節ですね。
ボーナスについて調べていると、1つの指標として「200万円」という数字を時折見かけます。理由はよく分かりませんが、年間の合計額だとして、夏冬2回の支給なら1回につき100万円もらえる計算になりますから、確かにまとまった額ではあると思います。
そこで今回は、ボーナス年間200万円という世界に焦点を当て、手取りや税金がいくら持って行かれるのか、またこれだけもらえる企業は年収いくら位なのか?といった情報をご紹介したいと思います。
ただ、記事の後半ではちょっとしたカラクリについても解説しますので、あまり公開されている額に惑わされないよう、最後まで読んで頂ければと思います。
ボーナス関連だと、こちらの記事もおすすめです↓↓↓
夏/冬のボーナス払いっていつ?期間や引き落とし日をカード別に紹介!
夏/冬のボーナス払いっていつ?期間や引き落とし日をカード別に紹介!
ボーナス支給額は夏と冬どっちが多い?会社員・公務員の賞与事情まとめました!
ボーナス支給額は夏と冬どっちが多い?会社員・公務員の賞与事情まとめました!
ボーナス分の貯金は何割が妥当?子持ち世代の平均から理想まで!
ボーナス分の貯金は何割が妥当?子持ち世代の平均から理想まで!
目次
  • ボーナス(賞与)の手取りの考え方
    • ボーナスの手取りとは
    • ボーナスにかかる税金や社会保険料の内訳
  • ボーナス200万円の手取り計算シミュレーション
    • 天引きされる社会保険料
    • 天引きされる所得税額
    • 手取りとして残る金額
  • ボーナスが200万円以上もらえる企業と年収情報
    • ボーナスが年間200万円以上出る企業情報
    • ボーナスが200万円もらえる会社の平均年収
    • ちょっとしたウラ話
  • まとめ
    • 関連

ボーナス(賞与)の手取りの考え方

ボーナスの手取りとは

会社から支給されたボーナス(賞与)というのは、それが全額手に入る訳ではありませんよね。所得税や社会保険料が哀しいほど差し引かれ、その残りが実際に手に入る金額=「手取り」というものです。その昔は給与や賞与が現金支給だったので、実際に手に取る金額、という意味でこの名が付いたのでしょう。

ボーナスにかかる税金や社会保険料の内訳

ボーナスから天引きされてしまうお金の内訳は、主に以下4点になります。金額が多い順で言うと、厚生年金保険料>所得税>健康保険料>雇用保険料で、手取りが額面の8割以下になってしまう事も少なくありません。
  1. 厚生年金保険料
  2. 健康保険料
  3. 雇用保険料
  4. 所得税
なお、各保険料の具体的な計算方法については、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、参考にして下さい↓↓↓
ボーナスの所得税が高い!税率と増えた理由・年末調整で戻る可能性は?
ボーナスの所得税が高い!税率と増えた理由・年末調整で戻る可能性は?
(Video) 平均年収の中央値はいくら?男女別・年代別に調べてみた!

ボーナス200万円の手取り計算シミュレーション

では、実際にボーナスが200万円支給されると手取りがいくらになるのか、シミュレーションしてみましょう。本記事では以下B氏の条件を仮定します(計算を簡単にするため、数値は結構ざっくりです)。
B氏の条件
  • 年間のボーナス支給総額:200万円
  • 年収:700万円
  • ボーナス支給前月の給与:額面42万円、社会保険料控除後37万円
  • 家族構成:専業主婦の妻と小学生の子供2人
    ※扶養親族:1名(18歳未満は所得税の計算に関係ないので、扶養親族としてカウントされません)
  • 東京都在住(東京都健康保険組合加入)

天引きされる社会保険料

まずは天引きされる社会保険料です。厚生年金保険料と健康保険料は「標準賞与額」が基準となりますが、今回は標準賞与額も200万円とします。

厚生年金保険料

ボーナスから引かれる厚生年金保険料=標準賞与額×9.15%
=200万×9.15%=183000円

健康保険料

ボーナスから引かれる健康保険料=標準賞与額×4.95%
=200万×4.95%=99000円

雇用保険料

ボーナスから引かれる雇用保険料=ボーナス支給額×0.3%
=200万×0.3%=6000円
よって、天引きされる社会保険料の合計金額は、以下の通りです。
社会保険料合計=183000+99000+6000=288000円

天引きされる所得税額

次に所得税額です。所得税は、賞与の額面-社会保険料合計に所得税率を掛けた金額となります。この所得税率は、前月の給与額面から社会保険料を差し引いた金額によって、あらかじめ決められています。
今回の場合は、社会保険料を差し引いた後の給与が37万円ですので、税率は10.21%です。よって、所得税の額は以下の通りになります。
ボーナスから引かれる所得税額=(200万-288000)×10.21%=174795円

手取りとして残る金額

数字を見ているだけでも、引かれる金額の大きさにため息が出て来ますが、実際に手取りで残る金額を計算してみましょう。
ボーナス200万円の手取り金額=200万-288000-174795=1537205円
実に50万円近くが税金+社会保険料で取られてしまうんですね。もし夏冬の年2回支給で、夏も冬も支給が同額だとすると、1回のボーナスでもらえる手取りは、77万円程度でしょうか。どうでしょう、思ったより少ないですか、多いですか?
(Video) 【炎上】「年収200万円で豊かに暮らす」事はできる?年収200万円になるとどうなるのかを解説【貯金 節約 ゆっくり解説】
繰り返しになりますが、今回ご紹介したボーナスの手取り計算、詳しくはこちらの記事で紹介しています。「自分の場合はどうなるんだろう?」と気になる場合には、是非1度ご自身で計算してみて下さい。
ボーナスの所得税が高い!税率と増えた理由・年末調整で戻る可能性は?
ボーナスの所得税が高い!税率と増えた理由・年末調整で戻る可能性は?

ボーナスが200万円以上もらえる企業と年収情報

ボーナスが年間200万円以上出る企業情報

大体ボーナス200万円の手取りがわかった所で、世の中どのくらいの企業が年間200万円もボーナスを出してくれるのか、調べてみました。
今回参考にしたのは、東洋経済が会社四季報のデータを基にまとめた「ボーナス支給額の高い企業トップ100社」ランキングです。
これは2017年のボーナス合計金額順に並べたランキングですが、上位100社が全て200万円以上となっていました。昨年(2016年)は200万円以上となったのが84社だったそうですから、ボーナスが増える=景気が上向いている傾向があるようです。
ちなみに2017年のトップ20だけ抜粋します。意外とマイナーな企業が並んでいると思われたのではないでしょうか?
順位社名賞与支給額平均年収平均年齢
1住友商事468.8万円1255万円42.8歳
2東京エレクトロン408.1万円949万円43.9歳
3ムゲンエステート383.1万円808万円39.3歳
4ディスコ379.6万円890万円39.0歳
5ケネティクス347.0万円1107万円41.1歳
6鹿島346.2万円947万円43.9歳
7大本組330.6万円771万円46.0歳
8大林組316.5万円950万円42.3歳
9ルネサスエレクトロニクス316.3万円892万円45.3歳
10ジャストシステム316.0万円906万円39.8歳
11新日本空調296.0万円846万円43.8歳
12大陽日酸285.6万円841万円42.8歳
13シマノ280.8万円836万円39.8歳
14ダイダン277.9万円930万円43.3歳
15第一実業276.1万円788万円39.8歳
16レノバ275.1万円942万円41.0歳
17長瀬産業273.9万円890万円40.6歳
18森組269.5万円725万円43.3歳
19パーカーコーポレーション266.1万円647万円39.5歳
20三井住友海上火災保険263.5万円1138万円46.9歳
引用:東洋経済オンライン「最新!これが「ボーナスの多い」トップ100社だ」より一部抜粋
1位は住友商事で、やはり商社はもらっていますね。年間200万円どころか、1回200万円以上です。その他東京エレクトロンやルネサスといった半導体業界や、トップ10に3社も名を連ねている建設業界も、かなり好調のようです。
みのりたは製造業のことしか知りませんが、業界としては、自動車関係はボーナスが多く、家電関係は少ないという傾向があります。自動車業界は今でも労組(労働組合)がそれなりに機能しているため、ボーナスの交渉などもしっかり行われているんでしょうね。逆に家電業界は昔から労組の力が弱いと言われているので、それが賞与額にも反映されているのかも知れません。

ボーナスが200万円もらえる会社の平均年収

東洋経済のデータを見ると、ランキング上位の会社の平均年収も掲載されています。ここから、ボーナス200万円をもらうような人は、大体どの程度の年収なのか?見てみましょう。

年収最大値

今回上位100社にランクインした企業の中で、平均年収が最も高かったのは、1位の「住友商事」で1255万円でした。まぁ順当ですね。賞与額を公表していない他の総合商社も、恐らく同じようなものでしょう。
いいなぁ、商社…働きたいとは全く思わないけど。

年収最小値

逆にランクインした中で平均年収が最も低かったのは、44位の「ピジョン」で474万円でした。100社中、年収が600万円を切ったのはこちらのピジョンと51位の横田製作所だけでした。
(Video) 【ひろゆき】※日本の闇※日本人の庶民がいかに搾取されているか分かる動画
単純に平均年収474万円から2017年のボーナス総額228万円を引くと、残りは246万円です。月々の給与が約20万円しかありませんが、一体どんな給与体系なんでしょうね…?あまりまともとは思えないな(独り言)

年収平均値

100社の平均年収の更に平均値も取ってみましたところ、780万円となりました!(年収情報がない会社は除く)
ボーナス200万円以上をもらえる人達は、年収で言うと800万円近くはもらっていることが多いみたいです。

年収中央値

平均だと極端に高い上位の影響を受けやすいので、一応中央値も取ってみましたが、765万円となりました。平均値とそう大きく変わりませんね。上位だけ集めているので、考えてみたら当たり前か…
中央値とは
データを小さい順に並べたとき、真ん中(中央)に位置する値のことです。ただしデータが偶数個ある場合は「真ん中」が存在しないので、真ん中に近い2つの値の平均値となります。
今回の場合、100社の中央値は50番目と51番目にボーナスの金額が高かった企業の平均値となります。
いかがでしょうか?ボーナス200万円以上がもらえる企業情報、参考になりましたでしょうか。もっとランキングを詳しく知りたい!という方は、参考元である東洋経済オンラインの記事をご確認ください。

ちょっとしたウラ話

例えば、愛知県と言えば某自動車メーカーが有名ですが、先ほどのランキングでは42位で、年間の賞与額平均が230万円と出ていました。しかし大卒の総合職であれば、みのりたと同世代の方々は、ほぼ全員係長クラスにはなっています。彼らのボーナスは、まさにトップ○(自粛しますが1ケタ前半)の金額レベル。
ここでは詳細を省きますが、公開されているデータからは、平均値を押し上げる従業員のデータは巧みに外れており、敢えて平均が低めに出るようになっていると言っても過言ではありません。
また、敢えて給与に関する情報は公開していない企業も少なくありません。世の中には、「なるべく見栄を張りたい(会社の条件を良く見せたい)」企業と、「なるべく給料もらってないイメージを付けたい(お客から文句を言われたくない)」企業があり、この手の「公開データ」に出て来る数値は、各社の思惑によっていかようにも変えられるものです。
もし本記事を読んでいる就活中の学生さんがいましたら、この手の給与ランキングを、あまり就職先の目安にしない方が良いということを、強くお伝えしたいです。
(Video) ざっくり金額が分かる!年金の手取り額 早見表

まとめ

ボーナス200万円という1つの目安に対して、手取りは一体いくらくらいなんだろう?どこの会社がそんなにボーナス出してくれるの!?という疑問にお答えすべく、手取りの計算方法と最新のボーナス上位ランキングをご紹介しました。
公開されているだけでも、200万円以上が支給される会社は100社ほどあるそうで、総合商社はやはり強いほか、昨年は半導体業界や建設業界が好調だったようです。
また、200万円以上のボーナスをもらえる会社では、大体年収が750万円以上であることが多いということもわかりました。
あまりこの手のデータを鵜呑みにしてしまうのは危険なので、あくまで「こんな会社もあるんだな」という参考程度に、お楽しみ頂ければと思います。
【裏技】保証は充実したのに保険料が年間10万円も下がった?!
生命保険料は、案外無駄が多いのをご存知ですか?
実際に私は子供が産まれてから不要な保険を見直して、合計で月々8000円以上、年間10万円近く減らすことができました。
なので、必要な保険だけを契約して下さい。
と言われても何が必要なのかよく分からないですよね。。。
そこでおすすめなのが、あなたに合った保険代理店を探して相談できる「タウンライフ保険相談ボーナス200万円だと手取りや税金はいくら?もらえる企業や年収情報も! (9)」です。
登録されている保険代理店では、複数の保険会社の商品を1度に比較・紹介してもらえます(納得いかなければ加入を強制されることはありません)。
これを使えばカンタンにムダのない保険が見つかります。
保証は充実したのに…あなたも年間10万円近く保険料が下がるかも!?
(Video) 第158回 【300万円~1000万円】年収別の手取りと生活費を計算して気がついた5つの真実【お金の勉強 初級編】
【先着99名:失敗しない保険選びガイド付き】
保険料を節約したい方は今すぐチェックです。
タウンライフ保険相談ボーナス200万円だと手取りや税金はいくら?もらえる企業や年収情報も! (11)

FAQs

ボーナス 手取り いくら? ›

ボーナス手取り額を知っておこう

前述のとおり、ボーナスからは所得税と社会保険料が引かれ、手取り額は額面のおよそ7~8割となっています。

手取り20万 ボーナスいくら? ›

ボーナスの額は会社の業績に左右されるので、変動する可能性もあります。 手取り20万円の場合、額面給与は24円程度であることが多いです。 そのためボーナスを加算すると330〜390円程度の年収になります。

年収200万いくら引かれる? ›

年収200万円だと所得税はいくら年収195円以下だと所得税の税率は5%ですが、195円を超える場合と税率が10%に上がります。 年収200万だと年間の所得税額は102,500円です。 ちなみに、年収195円だと所得税は97500円。

ボーナスの税金はいくら? ›

国税庁の源泉徴収税額表から、源泉徴収税率は6.126%です。 ボーナスにかかる保険料が152,700円であるため、所得税額は51,905円です。 源泉徴収税率は4.084%です。 ボーナスにかかる保険料が152,700円であるため、所得税額は34,603円です。

ボーナス50万 手取りいくら? ›

ボーナス手取り 手取り50万円-(社会保険料71,300円+所得税8,754円)=419,946円額面50万円のボーナス手取りは約42円となりました。

手取り17万 ボーナスいくら? ›

手取り額は額面金額のおよそ8割であることから、手取り17万円の額面金額は月収22円程度だ。 年収に換算すると、ボーナスなしの場合は260円、ボーナスありの場合は300〜350円だ。

月給20万 ボーナス いくら? ›

月収20万円の年収は額面で約260円、手取りで約207円です。 計算方法は以下の通りです。 ※ボーナス182,000円は国税庁「平成30年分 民間給与実態統計調査」における年収200円台の平均ボーナス金額を引用。

基本給20万 ボーナス いくら? ›

ボーナスの計算方法は、一般的に「基本給×◯ヶ月分」という会社が多いようです。 たとえば基本給20万円で基本給2カ月分の支給という場合は、20万円×2カ月=40円となります。

手取り20万は給料いくら? ›

手取り20万のボーナスを含めた額面年収はおよそ330~380円程度です。 ボーナスが支給される会社に勤めれば、それも額面年収に含まれます。 ボーナスは企業によって支給額に差がありますが、基本給の1~2ヶ月分として計算されることが多いです。 詳しい計算方法などは当コラム「手取り20万は額面や年収でいくら

年収200万 所得 いくら? ›

前章でご紹介した通り、年収200万円の所得額は132円で、ここから基礎控除43円と社会保険料控除28円を差し引くと、課税所得金額は61円になります。 ※所得割額・均等割額は自治体によって異なる場合があります。 上記を合算すると、66,000円の住民税額となります。

年収200万 手取りはいくら? ›

年収200万円の手取りは約160~170

年収200万 ふるさと納税 いくらまで? ›

一般的に年間の給与収入が200万円のケースでは、ふるさと納税の上限額の目安は15,000円です。

ボーナス 何割 引かれる? ›

はっきり数字がわかっている税金や社会保険料をざっと計算しただけでも、約15%はボーナスからかれます。 これだけでも、50万円のボーナスだと約75,000円は引かれるわけです。 ボーナスから控除されるものを改めて確認してみると、思ったより大きな金額がかれていると感じたのではないでしょうか。

ボーナス 何パー引かれる? ›

所得税支給額や年齢、扶養家族の有無によって引かれる金額に差はありますが、ボーナスから引かれる金額は支給額の2程度です。

ボーナスから何%引かれる? ›

賞与から引かれるお金にはがありますか? 賞与から控除される金額には、社会保険料である健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料と税金である所得税があります。 賞与支給額から控除額を差し引いた金額が手取り額になります。

Videos

1. 【あなたはいくら?】お金持ちになる毎月の貯金額は○○万円だ!【節約 貯金 FIRE セミリタイア】
(セミリタイア目指す夫婦 もりげ)
2. 【海外駐在員】年収、税金、年金、手当、通貨の全てを解説!
(東大卒会計士の人生得するお金の話)
3. 【削除覚悟】本当は教えたくない!実はみんななやっている合法的な脱税!所得税をゼロにする方法!
(やりすぎ節税チャンネル【税理士社長】)
4. ※作業・睡眠用※ 第7弾役立つ知識20選まとめ。コレに気付かない庶民はびっくりするほど貧乏になります。日本消滅まであとわずかです。安定を求めて沈んでいくこの国はヤバいです【竹花貴騎 切り抜き 会社員】
(【公認】貴騎竹花の為になる話 【竹花貴騎 切り抜き】)
5. 社会人3年目で年収300万円未満の会社員は貯金ではなく投資をすべき
(タコペッティがひたすら意識の低い話をしていくチャンネル)
6. 【源泉徴収票の見方】必ず確認してください!!!!源泉徴収票の配偶者控除、扶養控除、住宅ローン控除、障害者控除の確認方法について解説します。
(じゅん お金と住民税の知識)

Top Articles

Latest Posts

Article information

Author: Manual Maggio

Last Updated: 12/26/2022

Views: 6023

Rating: 4.9 / 5 (69 voted)

Reviews: 92% of readers found this page helpful

Author information

Name: Manual Maggio

Birthday: 1998-01-20

Address: 359 Kelvin Stream, Lake Eldonview, MT 33517-1242

Phone: +577037762465

Job: Product Hospitality Supervisor

Hobby: Gardening, Web surfing, Video gaming, Amateur radio, Flag Football, Reading, Table tennis

Introduction: My name is Manual Maggio, I am a thankful, tender, adventurous, delightful, fantastic, proud, graceful person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.