アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (2022)

アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (1)
公認会計士って、なるのもなり続けるのも本当に大変。。。
公認会計士になるための道のりは長く、公認会計士になった後も、日々勉強しなければいけないことに、ストレスを感じる人はいませんか?
皆さんはUSCPA(U.S. Certified Public Accountant)こと、「米国公認会計士」という、国際資格をご存じでしょうか?実は、この資格は公認会計士よりも手軽に取得でき、かつ、昇進にもいいというかなりコスパの良い資格です。
現在、活躍の場を世界各国に広げた、ビジネス資格として、広く認知がされているとともに、専門的分野の中で、自身の価値を高める資格としても、徐々に人気が出てきています。
そんな米国公認会計士(USCPA)を、日本でも簡単に受講できるスクールがあります。今回は、米国公認会計士(USCPA)の有用性を紹介するとともに「Abitus(アビタス)」ら米国公認会計士(USCPA)を取得するために必須なスクールを比較していきいます。
  1. そもそも米国公認会計士(USCPA)の仕事とは?
    1. 公認会計士とUSCPAの違いについて
    2. 日本で米国公認会計士(USCPA)を取得する意味
  2. 米国公認会計士の給与実態とは?
  3. 米国公認会計士(USCPA)の試験内容は
    1. 試験に合格するにはスクールで勉強するのが結局は近道
  4. 米国公認会計士になるためのオススメのスクールとは?比較表つき
    1. Abitus(アビタス)
    2. TACについて
    3. 資格の大原
    4. アビタス・TAC・資格の大原を比較してみて
  5. まとめ

そもそも米国公認会計士(USCPA)の仕事とは?

アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (2)
(Video) USCPA取得前に知りたかったこと5つ!| 米国会計士
魅力的な「米国公認会計士(USCPA)」ですが、そもそも、どういった仕事か疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。
米国公認会計士(USCPA)は、米国の各州が認定する、公認会計士の資格です。
主な仕事内容としては、法人税や、個人所得税の申告といった会計業務、また、企業経営に関するコンサルティングを行う場合もあります。

公認会計士とUSCPAの違いについて

一般的な「公認会計士」と米国公認会計士(USCPA)では、仕事の範囲が異なります。「公認会計士」は、日本の企業に対して、監査など業務を行う、会計のスペシャリストです。
公認会計士は、アメリカの会計基準の企業に対しては、独占業務を行うことが出来ません。
反対に、米国公認会計士(USCPA)は、アメリカの会計基準の企業に対して、独占業務を行うことができ、日本の企業に対しては、独占業務を行うことができません。
自分の活躍の場を、どこに設けたいかは、取得選択時の大きなポイントの一つでしょう。

日本で米国公認会計士(USCPA)を取得する意味

それでは何故、日本で米国公認会計士(USCPA)は注目されているのでしょうか。
グローバル化が進む今日、国際的企業が日本にも多く存在しています。つまり、米国公認会計士(USCPA)は、国際的企業の経理財務職につくためには、必須の資格と言えます。
また、米国公認会計士(USCPA)を所有していれば、CFO(最高財務責任者)などの、管理職としての活躍の場も期待することができます。
つまり、社内の地位のステップアップという点でかなり優遇される資格と言えそうです。明らかにTOEICの990点をとるよりか楽でかつ昇進できるコスパのいい資格と言えそうです、
(Video) USCPA受験に必要な受験資格と、受験資格を最短で得る方法(米国公認会計士)

米国公認会計士の給与実態とは?

アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (3)
資格取得の目的の一つとして、給与を現状よりアップしたい、と考える人も多いのではないでしょうか。では、米国公認会計士(USCPA)を取得してどれくらい稼げるのか、データを用意しました。
下記は、米国公認会計士(USCPA)の年収と業種、社会人歴のです。
社会人歴業種年収
2年程度メーカー350万程度
3年程度IT430万程度
3年程度外資メーカー400万程度
5年程度監査法人550万程度
5年程度IT450万程度
6年程度監査法人450万程度
6年目監査法人650万程度
8年目監査法人750万程度
9年程度監査法人残業により1000万いくか
10年目監査法人750万程度
10年目監査法人800万程度
12年目監査法人1200万程度
12年程度監査法人1000~1100万程度
13年程度監査法人1000~1100万程度
14年程度外資ベンチャー1500万~
15年程度監査法人1000万程度
20年程度監査法人1200万以上
20年程度銀行1000万程度
社会人歴には左右されるようですが、10年目を迎えたあたりから、年収1000万円を超える人が多く見られます。
通常のサラリーマンをしながら1000万円を稼ぎ続けるというのはなかなか至難といえるなか、この資格を保有すると稼げるという点でかなりお得ですね。

米国公認会計士(USCPA)の試験内容は

アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (4)
米国公認会計士(USCPA)の試験内容は、受験する州によって、内容が異なります。
難易度はどの州を受験しても、変わりはないですが、受験資格は受験する州によって異なります。
また、米国公認会計士(USCPA)となるために、試験への合格に加え、実務経験も必要となるため、注意が必要です。
試験内容は、「財務会計(FAR)」・「諸法規(REG)」・「監査及び証明業務(AUD)」・「ビジネス環境及び諸概念(BEC)」の4科目があります。
会計士としての基礎知識が問われる問題も多く、1科目毎の受験が可能であるため、試験合格は比較的に難しくないと言われています。
(Video) 【完全解説】USCPA受験に「向いてる人」「向いてない人」の特徴【正直な意見です】/休日コンサル勉強ルーティン #21

試験に合格するにはスクールで勉強するのが結局は近道

米国公認会計士(USCPA)を受験するにあたって、独学はほぼほぼ難しいため、スクールに通学することが、一番の近道と言えます。
それでは、米国公認会計士(USCPA)になるためにオススメのスクールはどこか、日本でUSCPAの資格を取得できるスクールについて比較してみたいと思います。

米国公認会計士になるためのオススメのスクールとは?比較表つき

アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (5)
数あるスクールの中で、学校選びには時間をかける、という人はいませんか?正直、いちいち調べるのは手間です。そこで、米国公認会計士(USCPA)を取得できる「Abitus(アビタス)」「TAC」「資格の大原」、3つのスクールを比較してみました。
結論として以下の表になります。
Abitus(アビタス)TAC資格の大原
合格実績3953名(2020年5月)
期間9か月1年標準学習期間 12ヶ月
金額USCPAプログラム ライトパック563,500円(税込)総合本科生 Web通信講座 545,000前期入学 フルパックコース
映像通学 521,400
USCPAプログラム フルパック763,000円(税込)総合本科生Plus Web通信講座 565,000円前期入学 フルパックコース Web通信 499,400円
これを元に、スクールの口コミを含めて比較していきたいと思います。

Abitus(アビタス)

アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (6)
「Abitus(アビタス)」は、米国公認会計士(USCPA)取得の専門スクールです。米国公認会計士ならアビタスと言われるほどの米国公認会計士(USCPA)に特化したスクールです。
詳細情報は以下の通りです。
合格実績3953名(2020年5月)
期間9か月
金額USCPAプログラム ライトパック563,500円(税込)
USCPAプログラム フルパック763,000円(税込)

TACについて

アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (7)
次に「TAC」についてご紹介します。TACは各種国家試験合格を目指す、公認会計士・税理士・日商簿記検定等の総合的な資格のスクールです。様々な業種の資格の勉強をしている仲間と出会えるのが魅力です。
(Video) 【必見】USCPAは今始めるべき!?/ 平日コンサル勉強ルーティン/米国公認会計士 #16
期間1年
金額総合本科生 Web通信講座 545,000円
総合本科生Plus Web通信講座 565,000円

資格の大原


アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (8)

アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (9)
アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (10)
最後に「資格の大原」についてご紹介します。これもまた総合的な簿記を中心とした専門学校です。
期間標準学習期間 12ヶ月
金額前期入学 フルパックコース 映像通学 521,400円
前期入学 フルパックコース Web通信 499,400円

アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (11)

アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた (12)

アビタス・TAC・資格の大原を比較してみて

3つのスクールを比較してみて、資格の大原のWEBコースが最安値です。値段だけをみるなら資格の大原に申し込むといいでしょう。
ただし、合格実績が出ているのは3スクールのうちアビタスのみです。他のスクールはUSCPAの説明はあるものの実際の合格者数は触れられていません。
米国公認会計士を取得する理由がご自身の昇進、スキルアップのためという一種の投資目的であるならば、変な知名度よりも実績で判断したほうがいいでしょう。
そして、アビタスは実際に3000人以上を合格させているという実績があります。しかも9ヶ月という比較的短期間で実績をあげられるプログラムをくんであるのでコスパの面からも効率は良いでしょう。
日本ではまだまだそれほど有名でないUSCPA(米国公認会計士)を取得するなら、総合的な資格のスクールよりも、実績のあるUSCPAに特化したスクールに行くべきでしょう。
米国公認会計士ならアビタス。

まとめ

公認会計士の方の、新たな勉強の目標のラインとして、また、スキルアップのために、資格取得を目指したいという方の一つの選択肢として、米国公認会計士(USCPA)は、今注目の国際資格です。
米国公認会計士(USCPA)を目指す場合、「Abitus(アビタス)」などのスクールに通って、効率的に資格取得を目指すと良いでしょう。

FAQs

Uscpa ACCA 比較 どっち? ›

ACCAUSCPAのどちらとも相互認証している国の多くは被っているので、会計士としてアメリカで働きたい場合はUSCPA、それ以外の場合はACCAという考え方でもいいかもしれません。 ACCAはイギリスだけではなく様々な国で活躍できるチャンスがあり、将来の選択肢の幅を増やすことができる選択といえます。

米国公認会計士 税理士 どっち? ›

独立開業したいと考えるのであれば、税理士を取得する必要があります。 理由として、税理士には独占業務があるためです。 USCPAは外資系企業や海外での勤務を考えている方は、英語と会計知識を活かせるためキャリアアップにつながります。 一般的には、税理士と比較するとUSCPAの方が難易度が低いとされています。

Uscpa どれくらいかかる? ›

USCPA受験予備校から公表されている学習時間の目安はおよそ1,000時間ぐらいです。 これは週末の学習時間も含めた1日あたり平均3時間で学習すると1年ほどかかる計算になります。 トータルの学習時間は学習者の理解度や前提となる会計知識・実務経験の有無によっても異なります。

米国公認会計士 中小企業診断士 どっち? ›

就職・転職を考えるならUSCPA(米国公認会計士)取得が有利

転職・就職を見据えた経済面でのメリットを求めるならUSCPA、経営に関する幅広い知識やスキルを現在の勤務先で活かしたいなら中小企業診断士がよいでしょう。

CFA Uscpa どちら? ›

最も大きな違いを感じるのは、USCPAは会社のバランスシートや損益計算書をボトムアップで作りあげる仕事であるのに対して、CFA®はその出来上がった決算数字を使って運用を行うトップダウンの仕事だということです。

Uscpa 年に何回? ›

USCPA年間280日くらい試験日があり、 自由に試験日を選ぶことができる (試験が実施されないのは3の倍数月の11日~月末のみ)、同じ科目を4までチャレンジできる 、科目受験ができるという点で、社会人がキャリアを中断せずにチャレンジするのに適した試験ではないでしょうか?

公認会計士と税理士はどちらが上? ›

公認会計士の資格を持っていれば税理士としての業務をおこなうことができますが(税理士登録などは必要)、税理士は公認会計士の資格をとらない限り公認会計士としての業務をおこなうことはできません。 以上のことからも、公認会計士のほうが格がとみられることが多く、資格取得の難しさとしてもだと思います。

公認会計士と税理士はどっちが難しいの? ›

②どちらの方が難易度は上です公認会計士試験の方が難易度が上です。 医者・会計士・司法試験で3大国家資格と呼ばれています。 また、会計士試験に合格すれば税理士登録もできるので、理論上は同じ難易度であれば「より優秀な人間が会計士試験を受験する」ということが期待されます。

公認会計士と税理士どちらが良いか? ›

得意分野を持っている税理士であれば、より収入の得やすい大型税理士法人に就職しやすいということです。 公認会計士の場合は、多くの一般企業でも公認会計士が保有する能力(経営分析、コンサルタント等)は高く評価されるので、他業種への転職という点では、税理士よりしやすい資格とも言えます。

Uscpa どのくらい勉強? ›

USCPAの資格取得に必要な勉強時間は、一般的に1,000時間と言われています。 1日の勉強時間を5時間とした場合、1週間あたりの勉強時間は35時間になります。 休むことなく続けた場合、28週(約5か月)で1,000時間に達します。

Uscpa いくら? ›

USCPAの受験費用は一般的に30万円ほどです。 州ごとに必要な費用は変動しますが、初回出願手数料は約$155〜$245です。 試験料$226.15と日本会場手数料$371.55が科目ごとにかかります。 合計で約30万円ほどは最低でもみておきましょう。

Uscpa 何年以内? ›

科目合格には18カ月(1半)の有効期限があります。 最初に合格した科目の有効期限内に残る3科目にも合格すれば、「USCPA試験合格」となります。 有効期限内かどうかはいずれも受験日を基準に考えます。 なお、18カ月の有効期限を過ぎて科目合格が失効した場合、失効した科目については再度合格することが必要となります。

中小企業診断士と税理士 どっち? ›

税理士中小企業診断士より合格率こそ高いものの、勉強時間は中小企業診断士より3倍ほど必要なため税理士の方が難しいことが分かります。 一方、合格率の高かった宅建は勉強時間の面でも中小企業診断士より勉強時間が短く、中小企業診断士の方が難しいといえるでしょう。

中小企業診断士 どんな試験? ›

中小企業診断士試験について

試験中小企業診断士に必要な学識の有無を計る第1次試験(筆記)と,知識を事例に当てはめ経営課題を解決する能力を問う第2次試験(筆記・口述)に分かれており,第2次試験は筆記試験の合格者のみ口述試験を受けることができます。

中小企業診断士 何ができる? ›

中小企業診断士が中心的に行う仕事は、企業診断及び経営の助言です。 まず、企業から依頼を受けてヒアリングや文書などの調査します。 そして、依頼を受けた企業の現状を把握して課題を見つけ、今後課題をどのように解消していくかや今後の成長戦略などについてアドバイスを行います。

Uscpa って何? ›

USCPA(U.S. Certified Public Accountant、米国公認会計士)とは、米国各州が認定する公認会計士資格です。 国際ビジネス資格の最高峰に位置づけられる会計の専門家であり、その仕事内容は多種多様です。

MBA 会計士 どっち? ›

合格率は公認会計士の方が低い

一方、MBAは英語・面接・出願書類の審査があることに加えて、出身大学やGPAなど様々な判断基準を元に評価されます。 つまり、対策しなければならない項目が多い上に対策が難しい科目もあるため、 トータルの難易度を比較するとMBAの方が上と言えるでしょう。

CFA 何年? ›

CFAの勉強時間は、各レベルで 250〜300時間が必要 だとされています。 全レベルを合格するまでに平均で4を要すると言われる試験です。

Uscpa 再受験 いつから? ›

USCPA試験は基本的に一年中いつでも受けられるようになりました。 Continuous Testingは不合格通知を受け取った後、すぐに再受験をできる制度です。 ただし出願州によっては利用できないこともある為、NASBAのサイトを確認する必要があります。 以下、Continuous Testing制度の詳細です。

Uscpa 何科目? ›

USCPAは「FAR(財務会計)」、「BEC(企業経営環境・経営概念)」、「REG(諸法規)」、「AUD(監査および諸手続き)」の4つの科目からなる試験です。 4科目を一度に受験して合格する必要はなく、1科目ずつ合格して(合格点は各科目75点以上)最終的に4科目すべてに合格すればUSCPAを取得することができます。

Uscpa 受験いつ? ›

USCPAの試験は年に最大で各科目4階ずつ受験できます。 各期の最初に2ヶ月と3か月目の1-10日に受験が可能です。 土日も含め、ほぼ毎日試験が実施されており、忙しい方でもチャレンジしやすい試験です!

会計士と税理士どちらに頼む? ›

大きく分けて、大企業の税務と会計をみるのが公認会計士、中小企業は税理士と思っていて問題はないと思います。 公認会計士は、大きな監査法人などに所属している場合が多いため、費用の面などを考えても、中小企業には税理士、もしくは公認会計士が設立した税理士事務所(もしくは会計事務所)がふさわしいといえるのではないでしょうか?

税理士と公認会計士の違いは何ですか? ›

公認会計士は、会計の内容が正しいどうかのチェック(監査)が目的です。 そして、税理士は会計を元にして、国に対しての税金の申告・申請、そして税の相談をすることを目的とします。 税金関係の申告・申請・相談だけでよいのであれば、税理士の仕事となります。

弁護士と公認会計士 どちらが難しいか? ›

弁護士と公認会計士の資格の難易度の違い

司法試験の合格率は25%前後、公認会計士試験の合格率は10%前後で推移しており、数字上は公認会計士試験のほうが難しいように思えるかもしれません。

税理士と弁護士どちらが難しい? ›

弁護士税理士の資格の難易度の違い

このため、試験自体の難易度を比較すると、司法試験のほうが税理士試験より難しいとされています。 また、弁護士資格を得るには、司法試験だけでなく、法科大学院入試または予備試験、司法試験合格後の司法修習考試など、いくつもの関門を突破しなければなりません。

公認会計士どのくらい難しいのか? ›

公認会計士資格は他の資格と比べて 難易度は高い試験 だといえます。 公認会計士試験の合格率は過去6年(2016~2021年)平均で約10.6%と、宅建試験の15%と比較すると合格率が低く簡単な試験ではありません。

働きながら公認会計士 何年かかる? ›

一度合格した科目は永久に有効であり、5科目取得までに何年かかっても問題ありません。 したがって時間制限がなく、仕事をしながらゆっくり取得ができるのです。 一方で公認会計士は短答式と論文式の試験がありますが、短答式の合格が有効な期間は2年間です。

公認会計士 どのくらい勉強? ›

公認会計士試験の勉強時間は、3,500時間が一つの目安です。 最短合格を狙う場合でも、最低2,500時間の勉強時間が必要となります。 受験期間の設定は1.5~2年が一般的で、2年間で考えると1日あたりの勉強時間は平均5時間です。

米国公認会計士 何時間? ›

米国公認会計士試験に合格するために必要な学習時間は、会計知識の有無や英語力によっても若干異なりますが、一般的には約1,000時間~1,200時間と言われております。 TACのカリキュラムでは必要学習時間のうち、237時間を講義、残りの時間が問題演習や直前対策の時間となります。

司法試験 何時間 勉強? ›

司法試験合格にまでに必要な勉強時間は3000~8000時間

一般に司法試験の合格に必要な勉強時間は3000~8000時間、中には10000時間という方もいます。

公認会計士試験 いくら? ›

令和 3 年公認会計士試験については、短答式試験(マークシート式)及び論文式試験ともにそれぞれ 1 回のみ実施します。 受験資格の制限はありません。 受験手数料は19,500円です。 納付された受験手数料は、受験しなかった場合においても還付しません。

Uscpa Far 何ヶ月? ›

FARの学習スケジュールは約5~6か月をおすすめします。 ほとんどの人がFARから受験するため、各種手続きや単位認定試験、英文問題に慣れるのに時間が必要になります。 したがって、5~6か月程度でのゆとりを持った計画がいいでしょう。 またボリュームが多い科目のため、復習のタイミングも重要になってきます。

Uscpa 一問何分? ›

MCに重点を置きましょう! MCだけで50%の配点です。 MCは1問90秒以内解き、SIMは1問15が目安です。

Uscpa 合格 何年? ›

USCPAの勉強時間

米国公認会計士の合格に必要な勉強時間は、1000時間〜1500時間程度と言われている。 1日平均3時間勉強したとして、1から1半で確保ができる勉強時間だ。

Uscpa 何ができる? ›

USCPA資格は、具体的に就職や転職で、どのように活かすことができるのでしょうか。 経理・会計の専門知識を証明できる会計士資格は、経理職や財務企画・分析、税務、監査、保証業務全般などで活かすことができますが、USCPA資格取得者の場合は、外資系企業や海外事業部門を持つ企業などでも活躍が期待できます。

米国公認会計士 いつから? ›

米国公認会計士
認定団体米国各州
認定開始年月日1917
公式サイトhttps://nasba.org/exams/cpaexam/
ウィキプロジェクト 資格 ウィキポータル 資格
7 more rows

公認会計士 中小企業診断士 どっちが難しい? ›

中小企業診断士公認会計士の難易度は、公認会計士の方が高い。 中小企業診断士公認会計士ともに難関資格であるが、公認会計士の方が取得後のメリットは大きい。 公認会計士の平均年収は1000万円と高収入。 専門性も非常に高い。

中小企業診断士 社会保険労務士 どっち? ›

中小企業診断士試験は社労士試験よりも平均勉強時間が多いです。 そのため、一発合格を前提とした難易度は、中小企業診断士試験の方が社労士試験と比べて高いといえます。

中小企業診断士 簿記1級 どっち? ›

中小企業診断士と日商簿記1級、取るならどっち中小企業の経営コンサルタントを目指す場合は、中小企業診断士の取得がおすすめです。 理由として、中小企業診断士は学んだ知識をそのままビジネスに応用することができるからです。 将来的には「経営コンサルタント」として独立・開業も可能です。

中小企業診断士 どうすれば? ›

第1次試験合格後、次の2つのうち、いずれかの方法により、中小企業診断士として登録されます。 (1)当協会が実施する第2次試験合格後、実務補習を修了するか、診断実務に従事する。 (2)中小企業基盤整備機構または登録養成機関が実施する養成課程を修了する。

中小企業診断士 何資格? ›

中小企業診断士とは、経営コンサルタントとしての唯一の国家資格です。 企業をさまざまな角度から診断し、適切なアドバイスができる人を認定する資格で、最近では、日本版のMBA(経営学修士)とも言われています。 マネジメントスキルを身につけてキャリアアップしたい人たちの間で人気の資格です。

中小企業診断士 2次試験 何年? ›

経済産業大臣に中小企業診断士として登録をするには、申請の日前3以内に第2次試験に合格し、所定の実務補習の修了または実務に従事することが必要です。

中小企業診断士 どれから? ›

  • 独学で効率良く中小企業診断士を勉強する科目の順番は決まっている
  • 独学で勉強すべき順番の最優先は企業経営理論・財務会計・運営管理の3科目
  • 次に勉強すべき順番は理解重視科目の経済学経済政策
  • 最後に独学で勉強すべき順番は暗記重視の経営情報システム・経営法務・中小企業経営・中小企業政策の3科目
Sep 27, 2021

中小企業診断士 どうなの? ›

中小企業診断士は合格率4%前後の難関資格であり、取得までには1000時間を超える勉強が必要とされるため、今まで資格保有者であること自体が企業内で大きく評価されてきました。 とはいえ、企業内での評価に比べて社会的な認知度はいまだに高くはないという現状があります。

中小企業診断士 何科目? ›

中小企業診断士の試験科目は、一般的な企業の組織や業務内容と大変関わりが深い内容となります。 第1次試験の科目は、「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・政策」の7科目あります。

Videos

1. 【コスパ最強】英語力「+α」のスキルを身につける方法をご紹介します
(Atsueigo)
2. 米国公認会計士1科目あたりの勉強時間・正答率について公開・分析
(Nao-米国公認会計士のAccounting講座)
3. 【公開】22歳USCPA合格 具体的な勉強手順/米国公認会計士/平日コンサル勉強ルーティン#39
(りっきー学院 USCPA)
4. 【ゼロから始める米国公認会計士】学生のためのUSCPAプログラム紹介
(国際資格の専門校アビタス公式チャンネル)
5. 意味ない?使えない?USCPA(米国公認会計士)5つの誤解
(Ryo Shibasaki)
6. 【経験者の失敗談】US CPAの勉強を本格的にする「前」にやらないと後で後悔すること【アビタスの米国公認会計士】
(黒坂岳央の「超」英語多読チャンネル)

Top Articles

Latest Posts

Article information

Author: Margart Wisoky

Last Updated: 01/04/2023

Views: 6020

Rating: 4.8 / 5 (58 voted)

Reviews: 81% of readers found this page helpful

Author information

Name: Margart Wisoky

Birthday: 1993-05-13

Address: 2113 Abernathy Knoll, New Tamerafurt, CT 66893-2169

Phone: +25815234346805

Job: Central Developer

Hobby: Machining, Pottery, Rafting, Cosplaying, Jogging, Taekwondo, Scouting

Introduction: My name is Margart Wisoky, I am a gorgeous, shiny, successful, beautiful, adventurous, excited, pleasant person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.